君を抱くのは仕事だから~雇い主は変態小説家~
2巻ネタバレ、感想をレビューしています。

 

君を抱くのは仕事だから
雇い主は変態小説家
無料立ち読みはこちら
 画像をクリック 
[コミックシーモア]【1月】【TL】君を抱くのは仕事だから【1/5~_4巻まで10円CP】

君を抱くのは仕事だから~雇い主は変態小説家2巻ネタバレ

「君を抱くのは仕事だから~雇い主は変態小説家」2巻は、

 

先生は最初から、

「君を抱くのが仕事だから。」

と言っていたのに。

 

私はどうして、
先生に優しくされただけで
好きになってしまったんだろう・・・

 

 

夜になってベッドで抱かれていた鈴。

 

このまま朝まで一緒にいたい・・・

 

と期待していたのに
京介は満足したあと鈴をベッドに残し、書斎に消えていくのでした。

 

 

優しくされて

「先生はもしかして・・・」

自分勝手に浮かれてしまっていた鈴。

 

辛い現実を知り、

1人シャワーを浴びながら、

涙を流してしまう・・・

君を抱くのは仕事だから-雇い主は変態小説家-画像

君を抱くのは仕事だから~雇い主は変態小説家2巻あらすじ

 

「まだ・・・」

 

「おなかじんじんしてる・・・」

 

 

先生に抱かれたあと、
シャワーを浴びている鈴。

 

 

「君の仕事は俺とセ◯クスすることだ。」

 

「嫌なら無理強いはしない。」

 

 

この家に来たときに、京介に言われたコトを思い出していました。

 

「抱かれるのは気が向いたらで良いから。」

 

そう言われて安心していた鈴。

しばらくの間は先生に抱かれることなく、普通に仕事をこなしていました。

 

 

鈴はそのまま、
先生に抱かれるコトを断り続けることだって出来たのです。

 

 

でも、

 

「飲み込みが早い。」

 

「ありがとう。」

 

京介に喜んでもらって、

 

「もしかして私は先生にとって特別なんじゃないか・・・」

 

と舞い上がってしまったのでした。

 

 

先生に抱かれる事が仕事と言われてたけど、このまま拒み続ける事だって全然出来たはずなのに、

 

「私は先生に必要とされている。」

 

と思って、
抱かれる事を了承してしまったのです。

 

 

始めて先生に抱かれた時、

鈴にとっても優しくしてくれた京介。

 

「やっぱり私は大切にしてもらってるんだ・・・」

 

と思ってしまうのです。

 

京介に抱かれるコトで、
本気で幸せを感じてしまったのです。

 

 

でも・・・

 

「このまま執筆に入るから・・・」

 

「君は絶対に書斎に入って来ないように。」

 

鈴を抱いて満足した先生は、
鈴を1人ベッドに残して書斎に消えていくのでした。

 

「朝まで一緒にいれる・・・」

と思っていたのに。

 

 

シャワーを浴びながら、

「わたしはバカだ・・・」

軽率な行動と自分の甘さを後悔するのでした。

 

 

次の日、
何も無かったように鈴に接してくる京介。

 

「どこか行きたい所はないのか?」

 

また優しくしてくれる京介。

「本屋に行きたいです!」

鈴のリクエストで一緒に本屋へ行く2人。

 

本屋で2人の関係はまた

深い溝にハマっていく・・・

 

 

やっぱり先生は、
わたしを1人の人間として
見ていないんだ・・・

君を抱くのは仕事だから
~雇い主は変態小説家~
無料立ち読みと【本編10円】はコチラから
 画像をクリック 
[コミックシーモア]【1月】【TL】君を抱くのは仕事だから【1/5~_4巻まで10円CP】

君を抱くのは仕事だから~雇い主は変態小説家2巻感想

「君を抱くのは仕事だから~雇い主は変態小説家」2巻。

 

佐々木京介の本性というか、考えてる事がなかなか分かってきません・・・。

 

小説家だから、この言葉もこの行動も全部シナリオがあって・・・と考えてしまいます(>ω<)

 

「本当の京介の姿はどんな人間なんだろうか?」

「君を抱くのは仕事だから~2巻」の段階では、疑問は深まっていくばかりです・・・。

 

優しい言葉をかけて抱いたあとは、鈴をベッドに残し1人で書斎へ行く京介。

「ヤリ捨て?」

ここだけ読めばそう思ってしまいます。

 

鈴は最初からこうなるのはわかっていたはずなのに、シャワーを浴びながら泣いてしまいます。

「もうちょっと優しくしてくれても良いんじゃないの!」

って女性としては応援したくなっちゃいます(>ω<)

 

キッチンでエッチなコトをしたり、自分で上に乗ってイカせたりと、変態的な京介ですが、鈴を抱いたこの次の日。とっても優しかったんです♥

 

デパートに行って、
洋服、靴、下着まで一式全部買ってあげるんです(*≧∀≦*)

 

「俺のアシスタントがそんな格好じゃ・・・」

と言いつつも、

鈴を喜ばせたい!

って感情が強く見えるんです(●´ω`●)

「転ばれたら困る。」

と言いつつも、腕を組んで歩いてあげるんです。

 

イケメンは何をしても格好良いです(*≧∀≦*)

 

服を買ってもらったあと、

「他にどっか行きたい場所は?」

と京介に聞かれてた鈴。

 

「本屋に行きたいです!」

 

本屋での鈴の言葉が、
京介を傷つける事になってしまいます・・・

 

「君を抱くのは仕事だから~雇い主は変態小説家2巻」の最後では、大変なコトになってしまっています・・・

 

次回の
「君を抱くのは仕事だから~雇い主は変態小説家」
3巻もお楽しみに!

次回の「君を抱くのは仕事だから~雇い主は変態小説家」はこちら

 

君を抱くのは仕事だから
~雇い主は変態小説家~

→3巻のネタバレはこちら

 

※期間限定オトク情報※
「君を抱くのは仕事だから~雇い主は変態小説家」
期間限定で第1巻~第4巻まで
10円キャンペーン中です★

→10円で本編を読む方はこちら

君を抱くのは仕事だから-雇い主は変態小説家-画像

前回の
「君を抱くのは仕事だから~」
ネタバレはこちらからどうぞ

 

→君を抱くのは仕事だから1巻ネタバレ

 

こちらのページで
「君を抱くのは仕事だから~雇い主は変態小説家」
ネタバレを全話まとめています。

 

見どころや登場人物の紹介もありますので、お時間があれば遊びに寄ってみて下さいね(*≧∀≦*)

 

→君を抱くのは仕事だから~雇い主は変態小説家【全話ネタバレまとめ】

 

 

最後まで
「君を抱くのは仕事だから~雇い主は変態小説家」2巻ネタバレ
にお付き合い頂きましてありがとうございました。